介護士として派遣で働く利点

 派遣の人も数多く活躍しているのが介護業界です。主な仕事は、利用者の方が楽しく快適に生活できるようにお手伝いをすることです。入浴や食事、排泄の介助に至るまで色々な仕事がありますが、誰でも挑戦しやすい業務ばかりです。これらの仕事をする時には、利用者と信頼関係を築くことが最も大切です。「この人なら任せても大丈夫」という関係でなければ、利用者は心からリラックスして介護を受けることができないからです。体力的に大変な仕事ですが、一方で利点もあります。

 まず、シフト面では事前に出勤日と休日の希望を出せますので、ワークライフバランスが取りやすくなります。例えば土日にシフトに入り、平日にプライベートを満喫するといったことも可能でしょう。また、交代で夜に勤務することもありますが、その分基礎給与に夜勤手当を加算してもらえますので、しっかりと稼ぐことができます。基本的には時給制のため、サービス残業が少ないこともポイントです。更に、契約面では派遣として働く場合、決められた契約期間に基づいて勤務することになります。そのため、契約期間が終了すると次の仕事場を自分で選ぶことができます。今勤務している施設が気に入っているのであれば引き続き契約更新をすることもできますし、もし何か問題があった場合は他の施設へ移ることもできます。高齢者がどんどん増えている以上、介護職はどこでも需要がありますので、次の勤務先を見つけることに大きな苦労はないでしょう。

 このように、派遣の介護士としてシフト制で働くことは、高い給料がもらえることに加え、休日にも融通が利きます。プライベートを大事にしたい方は、派遣という働き方も検討してみることをおすすめします。