休みの融通が利く派遣におすすめの業界とは?

 介護の仕事は、利用者の健康やライフスタイルに深く関わることの多い業務内容であり、精神的にも肉体的にも疲労を感じやすい仕事の1つと言えるでしょう。特に、家庭を持つ女性はその業務の多忙さから、フルタイム勤務が難しくなるケースも少なくないという問題点があります。そのため、結婚や出産を機に、退職を選択するケースも多い傾向にあります。しかし、仕事にやりがいを持ちたいという方にとってはおすすめの業界と言えます。

 そんな中で、家庭と介護の仕事の両立をこなしたいと考える女性に人気の働き方に派遣が挙げられます。派遣は、自分のライフスタイルに合わせた働き方がしやすいというメリットがあります。具体的には、勤務時間を調整できたり、休みの希望が通りやすいといった点があります。時給や日給も高い傾向にあるので、短い勤務時間で安定的な収入を得ることも難しくないでしょう。しかし、派遣の働き方にも問題点が存在します。それは福利厚生や社会保険の有無についてです。福利厚生が受けられなかったり、保険に加入できないケースも少なくありません。また、職場までの交通費が実費という場合もあります。これらの問題点は、登録時にしっかりと会社に確認を取ることが重要になります。特に職場が遠方のものばかりという場合には、交通費の支給があるものを紹介してもらうと負担が少ないでしょう。

 以上の注意点を把握した上で、自分に適した働き方を選択することがポイントです。上記のような勤務時間や休日に関するメリットと、福利厚生をはじめとした問題点を抑えておけば、派遣はプライベートを重視した働き方を叶える方法だと言えるのではないでしょうか。

自分らしい働き方ができる介護職の派遣

 様々な職業の中でおすすめの業界として挙げられるのが介護職です。介護職は常に人手不足の状態が続いている為、他職業と比べると就職しやすいと言えるでしょう。しかし、その反面正社員として働く場合は夜勤や残業など仕事量が多くて、心身共に非常に辛い状況になりかねません。中には夜勤が絶対欠かせない施設や残業がほぼ毎日あるなど、休める時間が少ない可能性もあります。

 また、安定して働けるとはいえ人手不足の状態にあると言うことから、多くのしわ寄せがスタッフに降りかかってきたり、常に責任重大な立場に立たされたりと大変なこともあるかもしれません。しかし、派遣社員なら話は別です。派遣社員は正社員と違って夜勤のないシフトを希望したり、残業も滅多にないことが多く、様々なメリットがあります。アルバイトやパートと同様にシフト制となっていることが多いので、働きたい時間を相談することが可能です。

 正社員のようにフルタイムで働く上に残業や夜勤もあると言った状況になることを回避できます。更に、休みの日も希望が出しやすいので、しっかりとしたワークライフバランスを確保することが出来ます。そのため、土日に休んで家族や友人との時間を満喫したり、平日に休んで新たに資格を取得したり、他の副業をして収入を多くしたりと、自分の時間を利用して様々なことができるでしょう。派遣という働き方なら、ハードな介護分野の仕事も無理なく続けられるでしょう。